家族祭のメリット

千葉で葬儀を行う場合は、習志野や船橋など主要都市には比較的大きな葬儀場があります。

そういうところで行う葬儀以外には、家族でひっそりと営む、家族葬という選択肢があります。

・家族葬とは

これは千葉に限らずどこでも共通していますが、故人を見送る時にあまり派手にせず、家族だけで葬儀をしたいと考える事があります。

家族葬というのは残された家族のみで行う葬儀のスタイルですが、現在の家族葬は親戚やごく親しい友人なども含まれます。

本当に故人と深く関わりがあった人だけが集まり、送るのが家族葬です。

人数は違いもありますが多くても20名から30名ほどです。

・千葉の家族葬

現在は核家族化が進んでいる事もあり、あまり付き合いのない親戚は葬儀に来なくてもいいと考える傾向が強くなっています。

◇自分の葬式にこだわり・希望がある人に→《URL:http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/yajreview/20111028_486651.html

同じ千葉県内に住んでいても、場所によってはかなり時間がかかりますから、そういう時もごく一部で送る事を選びます。

・まとめ

家族葬はこじんまりとした葬儀ですが、逆に本当に故人を偲ぶ人だけが集まるので、心のこもった葬儀が出来るのがメリットです。

本当に親しい人しか参列しないため、喪主や遺族の精神的負担を軽減できるというのもメリットです。

小規模の葬儀になるため、葬儀費用は安く済みます。

最近は葬儀に対する考え方も変わってきているため、家族葬を希望する人が増えていると言います。

故人も知らない人だらけの葬儀より、ごく親しい人だけに見送ってもらう方が安心出来るかもしれません。