葬儀の時の花は造花

今は結婚式も地味婚が流行っているように、葬儀も年々地味になっています。

これは千葉でも見られる傾向ですが、葬儀場を持つ葬儀屋の場合は未だに入口に花輪を見かける事があります。

・葬儀の花輪

葬儀場で葬儀をする時は、入口に花輪が並ぶ事があります。

葬儀の場合は弔事用となるので、白と黒の花輪です。

花は菊や百合などを使いますが、ほとんどは造花です。

お祝い事ではないため、参列者は花を持参しません。

これは香典にピン札を使うと、不幸を予期していたとか、待っていたというイメージを与えるからと同じ理由です。

造花が使われるのは、使い回しが出来るからというのが理由のようです。

・地域と宗教による違い

千葉では葬儀の花輪に造花を使うのが一般的ですが、キリスト教の場合、造花は使用しません。

キリスト教では、生花を使うのがマナーとなっています。

地域による違いもあるようです。

中部や関西では花輪に造花は使わず、仏花というシキミを使います。

シキミは葬儀の花として以外に、お墓周辺に植えられる事もあるようです。

・まとめ

葬儀場でよく見かける花輪は、数が多いほどステータスが高いというイメージがありました。

しかし現在は派手な葬儀をしない人が増えているため、花輪もあまり見かけなくなりました。

千葉でもこの傾向がありますが、未だに郊外では大規模な葬儀を行う事もあり、この場合は花輪も多く並びます。

花輪には、芳名名札や送り主の名前を入れて飾ります。